宮内 由紀子

起業ストーリー

宮内 由紀子 Yukiko Miyauchi

なでしこTOKYO株式会社 代表取締役
東京都千代田区神田駿河台2-4-4 第二御茶ノ水ビル4F
設立:2014 年10 月

独立前の前職は?

事務代行サービス会社の経営

なぜ独立したのか?

事務代行サービス業で、パソコンスキル不足により採用できない人材が多数いたので、そういった人でも出来る仕事がないか探していました。


そんな中、軽貨物事業のニーズ・成長性、仕組を知り、是非やってみたいと思いました。


初めての業界でしたので、勇気がいりましたが、支援してもらえる環境があった為、スタートを決断しました。

現在独立してどうか?

2015 年5 月に独立し、現在ドライバー数40 名。月商1,000 万円になりました。


事務代行サービス事業では考えられないほど、仕事が溢れている業界であることに、あらためて驚いています。


ビジネスモデルとしても、ストック型の収益モデルである為、経営の安定をはかれる点でも、非常に素晴らしいと実感しています。

今後の展開は?

昨年は、次のステップに進むための会社の仕組みづくりを行ってきました。


2016 年は、飛躍の年にします。


そして、あまり一般的に知られていないこの業界の素晴らしさを多くの人に伝えたいと思っています。

自己プロフィール

1968年
石川県金沢市生まれ

短期大学卒業後、RICOH に就職
日通ペリカン宅配システムを中心に、運送・倉庫・建設業のシステムなどのインストラクターとして勤務

転職後、介護システム・病院電子カルテシステムを担当
東京本社勤務となり、33歳で上京
2006年
退職後、専業主婦となるが、暇に耐えられない自分の性格にあらためて気がつく
2008年
40 歳で社会復帰を考えるにあたり、再就職か、起業するか悩んだ結果、起業の道を選択
2013年
起業に向けての準備期間を経て、事務代行サービス会社設立(4 月)
主婦のチームによるワークシェアリング方式などを取り入れて事務代行サービスを行う
2015年
軽貨物事業を本格スタート(5 月)

趣味、好きな物事等

美味しいものを食べる事(お寿司・お魚・日本酒)、仕事